FC2ブログ

Latest Entries

No.17 旦那、勘違い武勇伝

旦那は武勇伝のつもりなのか、とんでもない勘違い行動を起こす。

 

旦那は気が弱いくせに自分よりも立場の弱い人に対しては上から目線でもを言う。

 

長男が幼稚園年長、次男がまだベビーカーに乗ていた頃の話。

 

その日は家族4人でびに出かけていた。

私は次男が乗ったベビーカーを押し、旦那長男を抱っこしてみんなで道の端を歩いていた。

 

車2台は十分すれ違える広さはあるんだけれど、車道と歩道の間にはガードレールはな、大きい車同士がすれ違う時には、どうしても歩行者側に車が寄ってくる。

 

なのでなるべく車から離れて端を歩くようにしていたのだが、旦那だけは違った。

旦那の横をすれ違うトラックにわざとぶつかるかのように、車体スレスレのところを普通に歩いていく。

 

あえて避けないスタイルを貫いている感じだ。 

 

もちろん車はほとんどスピードは出ていないのだが、それでも危険だ。 

 

すると旦那が突然「痛~、ぶつかった!!」って言った。 

 

トラックの運転手さんその声に反応し止まった。
 
ところが「大丈夫なの?」という私の言葉に反応することなく、旦那は「行こう!!」と言ってそのまま歩きだした。

追いかけて「大丈夫なの?」もう一度聞いた私に、旦那は 

 

旦那:

痛~なぁ。

あいつがぶつかってきた。

道路は歩行者優先なんだから、止まらなかったあいつが悪い。


いやいや、それならなぜ黙って歩き
出した?

トラックの運転手だって、止ってこっち見てたわけだし、言いたいとがあるなら、なぜその場で言わない?
というか、それ以前になんでわざわざあんなスレスレを歩いていたのだ?

私:

確かに歩行者が優先だけどさ、あなも危ないと思ったのならもう少し端に寄るとかしなきゃ。正直、見ていて危なかったよ。        

旦那:

避けるスペースがなかった。お前たちが横にいたから動けなかった。

 

私:

いやいや、まだ十分に避けるだけのスペースはあったけど。それに、横が無理なら前や後ろだって行けるよね! 

 

旦那:

えっ?なんで俺がよけなきゃいけなんだ?

悪いのはあいつだぜ。

あいつが避けるべきだ。

だから俺はわざと避けなかったんだ!!

私:

はあ~?わざとって何?

あんた、今避けるスペースがなかったって言わなかったっけ? 

あんた、長抱っこしてるの忘れてないか?

つかってこの子が怪我でもしたらどうすんだよ!
  
旦那:

大丈夫、長男には当たらないようにを付けて歩いていたから。              
 

私:

はぁ~??いくら気をつけていても、あんたは車に当たったんだよね!!子供に当たらなくても、当たり所が悪くてあんたが倒れたら、この子も一緒に巻き込まれるんだよ。

 

そのことわかってる?

行者が優先だからて、全てのドライバーが避けてくれるとは限らないの。
 
危ないと思ったら自で避けるべきじゃない
の!!

「わざとぶつかった!!」って言ったけど、あんたは当たり屋か?

 

そんなことして、訴えられたどうすんの!!
              
旦那:でも、あいつが悪いんだし…。 


そう言うと、旦那はふてくされて口を利か
なくなった。

ドライバーに文句を言う勇気もないくせに、なにイキがってんだバカ旦那!! 

実は、この話には後日談があるのだ。(No.17-2へ続く) 

スポンサーサイト



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今後の励みになりますので、ランキングUPに協力
お願いします↓(クリックお願いします)

    
嫁日記ランキング

        私のおすすめブログもご覧下さい↓              
                     
        
 


No.16 旦那、忌引き休暇を満喫する

No.15からの続きになるのだが、 

 

月曜の夜、仕事を終えた旦那はそ

のまま新幹線に乗り実家へ戻る。

翌火曜日の晩に、義両親と旦那が

 

通夜にやってきた。翌水曜日の葬

儀にも3人で来て、葬儀が終わる

と義両親だけが帰って行った。 

 

私と旦那、子供たちは火葬場には

行かず、家で待機。私は、部屋の

片付けや葬儀会社との応対でバタ

 

バタしていたのだが、旦那は子供

の面倒も見ず「眠い~」と言って

リビングで寝てしまった。

 

正直、何しに残っているのかわか

らない。火葬場からみんなが戻っ

てきた。お昼に食べるお寿司も届


いたのだが、旦那が残るとは思っ

ていなかったので、当然旦那の分

はない。 

 

だからと言って、気を利かせて

るような旦那ではない。母が自分

の分を旦那に譲った。

 

旦那は遠慮なくお寿司を食べ、さ

っさと実家へ帰って行った。

 

忌引き休暇は火曜日~金曜日まで

の4日間。それに土日も入れると

全部で6日間の休みになる。

 

もう通夜も葬儀も終わったのだ。

旦那がこちらにいる必要はない。

本来、4日も休む必要なんてない

 

のだ。だから、用事が済んだのな

ら、さっさと帰って仕事に戻るべ

きなのだ。 

 

だけど、忌引き休暇だからと、実

家でゆっくりする旦那。義両親も、

旦那に何も言わないのだろうか?


まあ、あの親だから「ゆっくりし

ていきな」くらい言っているかも

しれない。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今後の励みになりますので、ランキングUPに協力
お願いします↓(クリックお願いします)

    
嫁日記ランキング

        私のおすすめブログもご覧下さい↓              
                     
        
 


No.15 旦那、休むためなら人の死だって利用します

常々会社に不満を持っていて、仕

事に対する向上心が一切ない旦那。

一方、会社を休むことに関しては

 

頭がよく働く人。そんな旦那の言

動に、心の底から怒りを覚えた出

来事があった。

 

れは私の祖父(母方)が亡くなった

時のことだ。ちょうど夏休みで、私

たちは帰省をしていた。

 

旦那と私は同郷で、お互いの実家は

車で30分もあれば行き来できる距離

だ。

 

今は仕事の関係で県外に住んでいる

ため、夏休みや正月を利用して実家

に帰省をしている。

 

旦那はお盆休みが終わり、仕事のた

め先に新幹線でに戻った。私と子

供たちは、もう少し実家でゆっくり

 

て帰るつもりでいた。そんな時、

癌で入院中だった祖父が亡くなった

のだ。

 

亡くなったのが月曜日。旦那はこの

日から仕事だった。夜旦那に電話を

し、祖父が亡くなっことを伝えた。

 

 私:お盆休みも終わったばかりだ

   し、わざわざ新幹線で来ても

   らうのも悪いから、通夜も葬

   儀も来なくていいよ。

 

すると旦那は

 

 旦那:いやいや、そうはいかないよ。

    参加するよ。

 

と言った。はっきり言って、旦那と祖父

はほとんど付きはない。おそらく話

もしたことがないかもしれない。

 

れなのに、なんでわざわざやってくる

のか?旦那の考えていることくらい分か

る。休む理由ができた。それだけだ。

 

本気でお別れをしたいなんて思っていな

い。それを証明する出来事が起きた。祖

父は、人づきあいが苦手で、生前近所に

 

友達がいなかった。なので、葬儀も斎

ではなく、自宅で身内だけの家族葬で送

ってあげることにし、香典も辞退した。

 

すると旦那が

 

旦那:えっ?香典辞退するの?だったら

   香典返しもないってこと  

 

と私に聞いた。

 

 私:そういうことだけど。

 

旦那:それは困るなぁ~。有給使わない

   といけなくなる。有給減るなぁ~。

 

葬儀で休むと忌引き休暇扱いになる。と

ころが、葬儀に出席したという証明がな

いと有給扱いになるらしい。

 

香典返しについているお礼状が証明にな

るのだという。

 

  私:有給が減るのが嫌ってこと?

 

 旦那:そう。だから香典返しがほしい

    んだけど。

 

  私:そんなの無理だわ。それだった

    ら来なくていいよ。

 

 旦那:いや、行くよ。最後のお別れし

    たいし。有給で行くよ!!

 

 お別れって。ただ休みたいだけだろう

が!!まあ、来たいのなら勝手にくれば

いい。そう思っていたら、旦那から再び

 

電話がかかってきて、こう言われた。 

 

 旦那:ねえ、香典返しの代わりになる

    ようなものってないの?

 

  私:そんなものはない!!

 

本当にしつこい。

 

 旦那:じゃあ、死亡届は? これなら

    確実に証明になるし、お母さん

    に言ってもらってもらえないか

    な?

 

今、まさに母は大事な親を亡くして悲し

んでいるところだ。それを自分が休むた

め、有給を使いたくないために”死亡届


をもらってこい”なんて、あまりにも

神経すぎる。祖父の死まで利用し、こ

ちらの悲しみなんかおかまいなしのバ

旦那。

 

 一応、に話しいたのだが「そんな

にほしいならどうぞ」とあきれ顔。結

局、香典を辞退しても持ってくる人が

 

何人かいたため、急きょいくつか香典

返しを用意することにした。それを

に伝えると「そっかぁ~、よかった

~。これで有給使わなくて済む」と。

 

何が良かっただ!!デリカシーのない

無神経バカが!!

 

この話には後日談があります。

        (No.16へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今後の励みになりますので、ランキングUPに協力
お願いします↓(クリックお願いします)

    
嫁日記ランキング

        私のおすすめブログもご覧下さい↓